カフェインレスコーヒーは胃に優しい?胃痛の原因と対策も解説

カフェインレスコーヒーは胃に優しい?胃痛の原因と対策も解説

「コーヒーが好きだけど、胃が荒れて痛くなる感じがする・・・」という方は結構多いと思います。

実際に全日本コーヒー協会がコーヒーに対してのイメージ調査を行ったところ、「シャキッとする(集中できる)」と「胃に悪い」がダントツで多かったようです。

では、カフェインがほとんど入っていない「カフェインレスコーヒー(デカフェ)」の場合はどうなのでしょうか?

今回はコーヒーで胃が荒れる原因と、胃痛を防ぐ為の3つの対策をご紹介させて頂きたいと思います。

コーヒーで胃が荒れる原因は「クロロゲン酸」

コーヒーで胃が荒れる原因は「クロロゲン酸」

コーヒーで胃が荒れると言われている原因としては、コーヒーの抽出液に含まれている『クロロゲン酸』という成分が挙げられます。

クロロゲン酸が胃酸の分泌を促進して、その胃酸が胃の粘膜を刺激することでコーヒーを飲むと胃が荒れてしまうのです。

ですので、空腹時や胃が弱っていると自覚症状がある場合は、コーヒーを飲むのを我慢した方が良いと言えます。

もともと胃が弱い方も、コーヒーを飲むとクロロゲン酸により胃痛の原因になりますので、避けた方がよいかもしれません。

カフェインレスコーヒー(デカフェ)でも胃痛になる可能性はある

カフェインレスコーヒー(デカフェ)でも胃痛になる可能性はある

ここで気づいて頂きたいのが、胃が荒れる原因は『カフェイン』ではないという事なのです。

一昔前までは、胃酸の分泌を促進するのは「カフェイン」であると考えられてきました。

しかし最近の研究では、カフェインレスコーヒー(デカフェ)でも胃酸の分泌量が増えた、という結果が出ているのです。

その為、今ではクロロゲン酸が胃酸の分泌を促進しているのではないかと考えられるようになりました。

「カフェイン」がほとんど入っていないカフェインレスコーヒー(デカフェ)の場合でも、「クロロゲン酸」は含まれていますので、「胃が荒れたなぁ、胃が痛いかも・・・」といった感覚にはなり得るということですね。

ですが、せっかく美味しいカフェインレスコーヒー(デカフェ)を飲むのであれば、なるべく胃痛にはなりたくないものです。

そのための対策を3つ、次から解説していきたい思います。

コーヒーで胃が荒れるのを防ぐ対策

コーヒーで胃が荒れるのを防ぐ対策

コーヒーは食後に飲む

先に説明していましたが、お腹が空いている時は分泌された胃酸が胃の粘膜を刺激しやすくなります。

その為、胃が荒れるのを避けるには空腹時にコーヒーを飲むのをやめて、食後に飲むことをおすすめします。

これまでコーヒーを飲むタイミングまでは意識していなかったという方には、ここがポイントになります。

コーヒーに牛乳を入れて飲む

牛乳には胃酸を中和してくれるカルシウムと、胃の内側の粘膜を強くする為に必要なたんぱく質が豊富に含まれているのです。

胃の調子があまりよくないと感じた時は、ブラックではなく牛乳を入れて、カフェオレとして楽しむことで胃の荒れを抑えることができます。

コーヒーと一緒に油不使用のお菓子を食べる

コーヒーで胃が荒れないためには、油を使用していないお菓子と一緒にコーヒーを楽しむと良いでしょう。

例えば、クラッカーやカステラ、ドライフルーツなどがありますね。

というのも、油不使用のお菓子をコーヒーと一緒に摂ることによってお菓子が胃の中でコーヒーを吸収してくれ、結果的に胃への刺激を和らげることにつながります。

カフェインレスコーヒー(デカフェ)を飲むときのお友には、油を使用していないお菓子を選びましょう。

まとめ

今回はコーヒーで胃が荒れると感じる主な原因となるクロロゲン酸について紹介し、胃痛への対策をまとめました。

もう一度まとめると、胃が荒れないようにするための対策としては、

  • コーヒーは食後に飲む
  • コーヒーに牛乳を入れる
  • 油不使用のお菓子と一緒に飲む

少しでも胃が荒れていたり、弱っていると感じた時は、カフェインレスコーヒー(デカフェ)であってもできるだけ飲まないようにする事もポイントですね。

今回の胃痛への対策が、もっとカフェインレスコーヒー(デカフェ)を楽しむための方法になれば幸いです。

カフェインレスコーヒーは胃に優しい?胃痛の原因と対策も解説

この記事が参考になったらシェアしてね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です