コーヒー豆(粉)の正しい保存・保管方法は?鮮度を保つ秘訣を解説

コーヒー豆(粉)の正しい保存・保管方法は?鮮度を保つ秘訣を解説

コーヒー豆(粉)を買ってから、すぐに飲んだ時の味と数日後に飲んだときの味が違うなぁ・・・という経験はコーヒーが好きな方・味にこだわりのある方であれば多少なりとも経験した事があるかと思います。

早めに飲み切る事が一番ですが、少しでも永く出来たてに近い味わいをキープしたいのであれば、コーヒー豆(粉)を正しい方法で保存・保管する事が必須です。

意外と知らない方法や注意点などをまとめて記事にしますので、ぜひとも実践してみてください。

コーヒーの味が落ちる理由は?

コーヒーを美味しく飲む為に『コーヒーの味が落ちる原因』は知っておくと良いと思いますので、要点をまとめて記載します。

見た目からはそう見えませんが、コーヒー豆(粉)は生鮮食品です。

時間が経つにつれ劣化が始まり、その劣化を早める(味・香り・鮮度が落ちてしまう)原因は大きく4つあります。

味が落ちる原因

  1. 湿度(多湿になるほど傷みやすい)
  2. 光(太陽光・蛍光灯を問わず)
  3. 温度(高温になるほど傷みやすい)
  4. 酸素(空気に触れると酸化の原因となる)

これらの天敵からコーヒー豆(粉)を守り、できるだけ味を落とさないようにする為に、保管場所や保管方法に気を配る必要があるのですね。

それでは、具体的なコーヒー豆(粉)の保管方法を注意点も含めて解説していきたいと思います。

コーヒー豆(粉)の保存・保管に適した場所は?

コーヒー豆(粉)の保存・保管に適した場所は?コーヒー豆(粉)の天敵となる高温多湿を避け、光の当たらない冷暗所で保存するのが最も良いです。

具体的には、短期間であれば冷蔵庫の中・長期間になる場合は冷凍庫の中が適していますが、注意する事が2点あります。

保管の際の注意点

1点目

コーヒー豆(粉)は消臭剤にも使えるほど吸湿性の高いもので、周りの臭いや湿気を吸い取ってしまうのです。

しっかりと密閉した状態でなければコーヒー豆(粉)に色々な匂いや味が付いてしまう訳ですね。

ですから、

  1. 缶入りのものは蓋をしっかり閉め、袋入りのものは口をしっかりと閉じる
  2. 密封容器に袋ごと入れて冷蔵庫に保管する

とすれば対策としてはバッチリでしょう。

参考までに、我が家では購入した袋のまま市販のジップロックに入れ、さらにキャニスターに入れてから保管をしています。

 

2点目

コーヒー豆(粉)は温度差にも弱いので、冷蔵庫内でもなるべく温度が均一に保たれる場所に保管しましょう。

冷蔵庫の手前側は、開け閉めをした際に最も気温差が激しくなる場所なので、

  • 奥側に入れる もしくは
  • あまり開け閉めをしない段があればそこに入れておく

のが良いですね。

それでは続いて、コーヒー豆(粉)の保管に適した容器などの説明をしていきます。

コーヒーの保管に適した容器(入れ物)は?

最も重要なのは、「どれだけ空気に触れさせないように密閉するか」という点です。

しっかりと口が閉じられているパッケージであれば、開封しなければ空気に触れる事もありませんが、開封後であればパッケージ内の空気を抜きながら口を閉じ、クリップなどでしっかりと留めてからキャニスターに入れます。

袋から出した状態の豆の場合は、キャニスターに入れてしっかりと密閉、天敵である光・酸素・湿度などから守ってあげましょう。

キャニスターが無い場合はご家庭にもよくおいてある、ジップロックやタッパーなどに入れて密閉するようにしてください。

コーヒー豆(粉)の保管におすすめのキャニスター

 

中身が見えるガラス製タイプならコレ

  • サイズ:径9.9×高18.9cm、口径9.6cm
  • 満水容量:1000ml、コーヒー粉容量:約300g
  • 耐熱ガラス製で熱湯OK、食洗機・乾燥機もOK

コーヒー器具メーカーであるHARIO(ハリオ)のキャニスターはお手頃な値段で密封性も高いので、ご自宅に1個あると便利でしょう。

コーヒー用ですが、お茶っ葉や乾き物入れにも使えますし、豆や粉がそのまま入っていれば残量の確認も簡単です。

ガラス製なので、光がコーヒーに直接あたってしまう点と、落とすと割れてしまう危険性がある事には注意が必要です。

インテリアとして目につく場所に保管する方も多いですが、コーヒー豆(粉)の場合は、光の当たる場所は避けた方が良いですね。

 

光があたらないステンレス製タイプならコレ

  • サイズ:幅11×奥行11×高さ13
  • 容量:800ml(コーヒー豆200g相当)
  • 蓋には密閉度の高いシリコンを使用

こちらも同じくコーヒー器具メーカーであるMelitta(メリタ)の、ステンレス製キャニスターです。

ガラス製に比べて光があたらない(劣化を防ぐ効果が高い)、落としても割れないのが特徴ですが、ガラス製のものに比べるとお値段が高くなります。

コスパ重視の方はガラス製でも良いかもしれませんね。

 

さらに長期間おいしく飲める真空容器ならコレ

  • サイズ:幅10.5×奥行10.5×高さ12.5
  • 容量:600ml(コーヒー豆200g相当、余裕を見る場合は1.2Lをオススメ)
  • ダイヤルを回すだけで簡単に真空状態に

コーヒーの鮮度を保つ為にプロも使用している真空保存容器です。黒の遮光タイプを選ぶとより効果を発揮します。

真空状態である事のメリットは、酸化の原因になる酸素や湿気からコーヒーを守り、匂いからも遮断されますので、コーヒー豆(粉)を保存するのにこれ以上適したものは無いですね。ただし、高機能な商品ですのでお値段はステンレス製以上に高額となります。

スペシャルティコーヒーなどの特別なコーヒーは、「真空保存して少しずつ長く楽しむ」というのも贅沢な楽しみ方ですね。

まとめ

今回はコーヒーの保管方法について説明をしましたが、いかがでしたか?

今までの保管方法を振り返ってみると、「あ!確かに・・・」という点もあったのでは無いでしょうか?

コーヒー本来の質の問題もありますが、正しい保管方法を知っておき、少し気を配るだけで今までのコーヒーが劇的に美味しく飲めるかもしれません。

より美味しいコーヒーをご自宅でも楽しめるように、ぜひ実践してみてくださいね。

コーヒー豆(粉)の正しい保存・保管方法は?鮮度を保つ秘訣を解説

この記事が参考になったらシェアしてね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です