❗カフェインレス(デカフェ)コーヒーの作り方は?気になる製法を紹介

カフェインレス(デカフェ)コーヒーの作り方は?気になる製法を紹介

カフェインレス(デカフェ)コーヒーを飲む前や飲んでから、ふと気になった事はありませんか?

「どうやってカフェインレス(デカフェ)コーヒーは作られているのだろう?」

普段何気なく飲んでいても、その方法まで調べる事ってあまり無いですよね。私も最初のうちは調べようとも思いませんでした。笑

この記事では、そんな疑問を解決できるように解説していきますので、お読みいただけると幸いです。

『カフェインレス(デカフェ)コーヒーの基礎知識』については、こちらの記事でまとめていますのでまだの方は一読いただくと良いかと思います。

❓カフェインレス(デカフェ)コーヒーの効果は?実体験で分かった事

2018.08.20

❓デカフェ(カフェインレス)とは?ノンカフェインとの違いも解説

2018.08.18

カフェインレス(デカフェ)コーヒーの作り方

カフェインレス(デカフェ)コーヒーの作り方

製法に関しては2種類ありますが、実用化されて流通しているのは後者の製法のみになっています。

元からカフェインの含まれないコーヒーを作る方法

遺伝子組換えにより、元からカフェインの含まれない『カフェインレス・コーヒーノキ』を作製し、それをもとにコーヒーを作る方法です。

ですが、カフェインの含有率や栽培の難しさ・安全性の問題からまだ実用化には至っていない状況です。

カフェインの含まれたコーヒーからカフェインを除去する方法

現在流通しているデカフェコーヒーは、生成した生豆からカフェインを除く『脱カフェイン法』で作られたものになります。

ではこの『脱カフェイン法』にも大きく分けて3つの方法がありますので、順番に見ていきましょう。

カフェイン除去の方法

カフェイン除去の方法

それでは『脱カフェイン法』の代表的な方法を3つ、順番にご紹介していきますね。

有機溶媒でカフェイン除去する方法

有機溶媒に生豆を通してカフェイン除去を行う方法で、ドイツで開発された世界で最初の脱カフェイン方法です。

他のカフェイン除去方法に比べるとコストが安くなり、海外で販売されているデカフェでは一般的な方法ですが、安全性の面から日本への輸入は禁止されています。

※現在はジクロロメタン(塩化メチレン)でのカフェイン除去がほとんどです。

有機溶媒とは

エタノール・ベンゼン・ジクロロメタンなどに代表される「水に溶けない物質を溶かす液体」

水でカフェイン除去する方法

水を使用する方法には、『水+有機溶媒』でカフェイン除去する方法と、『水』のみでカフェイン除去する方法があります。

この記事では『水』のみでカフェイン除去している安全性の高いものを紹介しています。

 

①スイス式水抽出法(スイスウォータープロセス)

スイス式水抽出法

デカフェシアより引用

1つ目の『スイス式水抽出法』は、スイスウォータープロセス(Swiss Water Processing)とも言われ、その名の通りスイスで開発された、水のみを使用するカフェイン除去方法です。

手順が複雑ですので、簡略化したものを記載したいと思います。この方法を見るだけでも非常に手間のかかる事が分かりますね。

  • 生豆を浸した水をお湯にして煮る
  • カフェインを含むコーヒー成分が含まれる液体が出来る
  • 豆を取り除く
  • カーボンフィルターに液体を通し、カフェインのみ除去
  • 生コーヒー豆エキス(カフェイン以外のコーヒー成分が飽和した状態の液体)が出来る
  • 新しい生豆を、生コーヒー豆エキスに入れて煮る
  • カフェインのみが煮液として出ていく

※生コーヒー豆エキスは、カフェイン以外のコーヒー成分が飽和状態なので豆からはカフェインのみが出ていく

  • 煮液を取り除き乾燥させる
  • この工程を繰り返す

「スイス式水抽出法」を採用しているデカフェコーヒー

TOKYO COFFEE(東京コーヒー)の商品一覧はこちら

②マウンテン・ウォーター製法(マウンテンウォータープロセス

マウンテンウォーター製法

デカフェシアより引用

2つ目の『マウンテン・ウォーター製法』も水のみでカフェイン除去をする、メキシコ発祥のカフェイン除去方法です。

方法の手順としては基本的に『スイス式水抽出法』と同じですが、使用する水にメキシコの天然水を使うのが特徴です。

「マウンテン・ウォーター製法」を採用しているデカフェコーヒー

TAKAMURA COFFEE(タカムラコーヒー)の商品一覧はこちら

ウインドファームの商品一覧はこちら

二酸化炭素でカフェイン除去する方法

③超臨界二酸化炭素抽出法

超臨界二酸化炭素抽出法

デカフェシアより引用

3つ目は、自然界に存在している二酸化炭素を使用した『超臨界二酸化炭素抽出法』です。

この方法は、二酸化炭素を超臨界状態にし、物質を分解する機能を利用してカフェイン除去を行います。

3つの中で最も新しく、コーヒーの風味を落としにくい上に安全性も非常に高いカフェイン除去方法ですが、高性能な専用設備が必要でコストが非常に高くなってしまいます。

そのため、流通しているデカフェコーヒーで『超臨界二酸化炭素抽出法』を採用しているのはごくわずかです。

他の商品よりも高価ではありますが、より安全性の高いデカフェコーヒーを探している場合には選択肢に入れていただくと良いかと思います。

「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用しているデカフェコーヒー

innocent coffee(イノセントコーヒー)の商品一覧はこちら

KREIS(クライス)の商品一覧はこちら

まとめ

カフェインレス(デカフェ)コーヒーの中にも、カフェイン除去の方法が異なる商品があることがお分かりいただけたかと思います。

国内に限れば、有機溶媒でカフェイン除去をしたデカフェコーヒーを買う事は無いかと思いますので、コストと安全性を考慮して「水抽出法」か「超臨界二酸化炭素抽出法」のどちらを選ぶか、この記事が参考になれば幸いです。

カフェインレス(デカフェ)コーヒーの作り方は?気になる製法を紹介

この記事が参考になったらシェアしてね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です