カフェインレス(デカフェ)コーヒーを授乳中に飲む影響は?1日何杯まで?

カフェインレス(デカフェ)コーヒーを授乳中に飲む影響は?1日何杯まで?

授乳中はコーヒーをあまり摂取しない方が良いと言われますが、それはコーヒーに含まれる成分であるカフェインが影響しているからです。

カフェインレス(デカフェ)コーヒーであれば通常のコーヒーに比べ大幅にカフェインがカットされていますので、そこまで意識しすぎる必要もないのですが、「カフェインレス(デカフェ)コーヒーは一日に何杯飲んでも良いのか?」、「通常のコーヒーを飲んだが、子供への影響は大丈夫なのか?」気になるママも多いのではないでしょうか?

そういったモヤモヤを解消するために今回は、カフェイン摂取による影響と、様々な飲食物に含まれているカフェインの量などをご紹介させて頂きたいと思います。

知識として知っておいて損はありませんので、気になる方は一度お読みいただけると幸いです。

授乳中のカフェイン摂取による影響は?

授乳中のカフェイン摂取による影響は?

まずカフェインを摂取する事による影響ですが、元々カフェインには「覚醒作用や解熱鎮痛作用、利尿作用」などの効果があります。

カフェインのメリットやデメリットについてはこちらの記事でも解説していますので、あわせてお読み下さい。

❓カフェインレス(デカフェ)コーヒーの効果は?実体験で分かった事

2018.08.20

そのカフェインは、ママが摂取する事で母乳に移行しますが、移行する量はおよそ1%ほどと少ないので、比較的安全と位置付けられています。

しかし、カフェインを摂取する量が増えるとその分移行する量も増えますので、カフェイン入りの飲食物を口にする場合は1日の摂取量を意識しておくと良いでしょう。

また、赤ちゃんへの影響ですが、興奮状態となり落ち着きがなくなったり、不眠になったりする可能性があります。

カフェインが代謝されるまでにかかる時間は、新生児で100時間、生後3~5カ月の乳幼児は14時間、大人で4~6時間と言われています。

月齢が低いほどカフェインの影響をうけやすいので、お子様が小さい時は出来るだけカフェインを控えるか、カフェインレス(デカフェ)コーヒーを飲む事が安心に繋がると思います。

カフェインレス(デカフェ)コーヒーは授乳中に一日何杯まで飲んでも良い?

カフェインレス(デカフェ)コーヒーは授乳中に一日何杯まで飲んでも良い?

それでは、具体的に気になる一日の目安量を確認していきましょう。

カフェインの最大摂取量の目安は国によって指標が異なりますが、世界保健機構であるWHOは一日に300mgがベストと推奨しています。

この300mgは『通常のコーヒーでカップ3杯分』となりますので、カフェインレス(デカフェ)コーヒーの場合は3杯以上飲んでも全く問題ない数値です。

通常のコーヒー1杯でカフェインが100mg入っているとした場合、カフェイン99%カットのカフェインレス(デカフェ)コーヒー1杯にはカフェインは1mg程度しか入っていないので、理論上は一日10杯以上飲んでも問題ありません。

また、授乳前は飲むのを辞め、授乳後のタイミングでカフェインレス(デカフェ)コーヒーを飲むなどすると、気分的にも気にならずに済むでしょう。

より赤ちゃんへの影響を減らしたい場合は、週に数日の「全くカフェインを摂取しない日」を設けるのも良いですね。

コーヒー以外のカフェインが多い食べ物や飲み物は?

カフェインが多い食べ物や飲み物は?

コーヒー以外の飲食物のカフェイン含有量も、念の為知っておくと良いでしょう。

特に玉露には多く、紅茶や煎茶、ウーロン茶などにもカフェインは含まれています。

更に、日本人が大好きなコーラにもペットボトル500mL1本に対して、50~95mgのカフェインが含まれています。

そして、栄養ドリンクにもカフェインが含まれており、食べ物であればチョコレートですね。

ほかにもコーヒー味やチョコレート味の食べ物もカフェインが含まれています。

一日のカフェイン摂取量目安は300mgまでとなりますので、「飲み物には気をつけていたけど、チョコレートを食べすぎてしまった!」ということのないように注意しましょう。

飲食物 カフェインの量 備考
玉露 約160mg 100ml当たり
紅茶 約30mg   〃
煎茶 約20mg   〃
ウーロン茶 約20mg   〃
コーラ 10~19mg   〃
栄養ドリンク 30~50mg 1本/50mg当たり
チョコレート 25~36mg 100g当たり

まとめ

コーヒーは、育児に追われ休む暇のないママの心を癒してくれる魔法の飲み物です。

せっかくのコーヒーも、何か罪悪感を感じながら飲んでいたりすると美味しくないですよね?

授乳中でもカフェインレス(デカフェ)コーヒーを選んだり、摂取量に気を付けることで飲むことは可能ですので、知識を持った上で素敵なコーヒータイムを楽しんでいただけたらと思います。

カフェインレス(デカフェ)コーヒーを授乳中に飲む影響は?1日何杯まで?

この記事が参考になったらシェアしてね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です